E30HTでWalkingHotSpotが頻繁に切断される場合について

2010/05/29 10:55

auのwindows mobile端末E30HTでWalkingHotSpotを利用した際に、頻繁に切断されてしまう現象が発生している方もいるのではないでしょうか?

正に僕がそうだったのですが、どうやらAutoConnect等の自動ダイアルアッププログラムの設定が干渉している様です。

この手のプログラムの、自動切断という項目で「無通信時間」や「接続時間」の制限を無くしましょう。

そうすれば問題なく通信が続けられるはずです。

因みにWalkingHotSpotの個人的な感想ですが、あっという間に定額MAX13,650円/月 (税込) に達してしまうので、値段のわりにメリットはないかな。

個人事業所在地が変わりました。

2010/05/29 10:51

東京都杉並区から東京都目黒区に所在地が変わりました。

詳細はホームページabout atohi >> プライバシーポリシー より。

宜しくお願い致します。

Tags:

information

ご好評頂いているAI対戦型オセロで、スキンを幅広く募集しております。

2010/05/20 23:16

ご好評頂いているAI対戦型オセロの機能拡張が行われました。

現在、【スキンを変更する】ボタンを押下すると、下記の通りスキンが変更できます。

 

また、現在、個人、法人を問わずに皆様からスキンを募集しております。
制作して頂いたスキンは、制作者様のウェブサイトの情報と共に上記画像の様にリスト化させて頂きます。(※1)
ご興味がございましたら hiraoka@atohi.com までお気軽にご連絡下さい。

【成果物】

公俗良序、著作権等法律に反しないものでしたらどの様なものでも構いません。
画像の形式はgif,jpg,pngのいずれかとし、下記4点を必ずサイズに従って制作して下さい。

白いコマ(56px×56px)  黒いコマ(56px×56px)
コマ無し(56px×56px)  背景画像(規定なし※2)

※1 個人及び制作会社様のウェブサイトに対し、リンクが不適切であると判断した場合は掲載をお断りさせて頂くこともあります。
※2 あまりにサイズの大きいものはお断りさせて頂きます。

以上、宜しくお願い申し上げます。 - atohi

Tags:

design | information | .NET | ASP | C#

windows mobileでApache × Perl(Perl開発環境構築)

2010/05/07 17:47

windows mobileでPerlのウェブアプリケーション開発環境を構築する手順を以下に示します。

端末: windows mobile6.1 Professional Edition(AUの端末E30HTを使用)
dll hellさえ気をつければ他の端末でも大丈夫だと思います。
※ こちらは一切責任を取りません。構築する場合は自己責任でお願いいたします。

まずは下記3つをダウンロード

【ApacheCE】
ドキュメント
http://digit.que.ne.jp/work/wiki.cgi?ApacheCE
ダウンロード先
http://www.wince-devel.org/wince/dirlist.html
ファイル名:apache-arm-hpc-wce300-2002-10-18.tar.gz

【PerlCE】
ドキュメント
http://digit.que.ne.jp/work/wiki.cgi?PerlCE
ダウンロード先
http://sourceforge.net/projects/perlce
ファイル名:perl-wince-arm-pocket-wce300.zip
ファイル名:celib-3.11-dll-src.tar.gz

【PerlIDE】
ドキュメント
http://digit.que.ne.jp/work/wiki.cgi?PerlCEDocument#i4
ダウンロード先
http://www.rainer-keuchel.de/wince/dirlist.html
ファイル名:perlide-wince-arm-hpc-wce300.tar.gz

************************手順************************

1.\windows\にあるmfcce300.dllのバックアップをとる
他にインストールしたアプリと干渉した際にdll hellに陥る為必須。
「有効なWindowsCEアプリケーションではありません。」状態になる可能性がある。

2.【apacheCE】【perlCE】【PerlIDE】のインストール
apache-arm-hpc-wce300-2002-10-18.tar.gz
perl-wince-arm-pocket-wce300.zip
perlide-wince-arm-hpc-wce300.tar.gz

インストールと言っても、それぞれを解凍しwindows mobileのディレクトリに展開、exeを実行するだけです。
ディレクトリ構成に特に決まりはありませんが、直下に\usr\というフォルダを作成し、それぞれ、

  • apache → \usr\apache\apache.exe
  • perlCE → \usr\bin\perl.exe
  • perlIDE → \usr\ide\perlIDE.exe

といった形になるよう展開して実行すると、一式まとまるのと、perlのパスがweb serverにhostingする際に一致するパターンが多いので楽かも知れません。

3.perlide.exeと同一階層に、この時点で\windows\にあるmfcce300.dllを入れる
dll hell対策。perlide.exeが自分と同一階層のmfcce300.dllを参照する様にする為。

4.1でバックアップをとったmfcce300.dllを\windows\直下に上書き

5.celib-3.11-dll-src.tar.gzを解凍後celib.dllを\windows\直下へ入れる

6.定義ファイル、UIで環境設定
【apacheCE】
\conf\httpd.conf ※設定内容はapacheとほぼ一緒
【perlIDE】
UIからPerl>>Options>>PerlPathに【perlCE】内のperl.exeのパスを設定
【perlCE】
libを使うならPerlCEの/lib/Config.pm内のパスを自分の環境に書き換える


1~6までが終了したら、まずはドキュメントルート(デフォルトだとhtdocs)直下に適当なindex.htmlを置き、http://localhost/index.htmlでアクセス。表示されたらapacheCEの環境は成功です。
次は適当なcgiファイルを作成して上記と同様にアクセスしてみましょう。

設定ファイルのミスを除き構築上問題はないはずです。何かありましたらコメントを下さい。
尚、windows mobileに環境を作るくらいなので、mobile環境以外でも構築経験のある方が対象です。

で、実際開発なんですが、サラリーマン時代、通勤中にPerlのクラスライブラリを作るくらいにしか使ってなかったのでapacheは意味をなしませんでした。。。

E30HTも当時後続でしたがスペックがいまいち。

AI対戦型オセロのバージョンアップを行いました。

2010/05/06 02:46

好評頂いているAI対戦型オセロゲームですが、戦績を残せる様になりました。

http://www.atohi.com/osg