windows(vista)でPHP, apache, MySQL環境構築

2010/04/22 18:53

細かい設定(※1)はgoogle先生に聞けば先人が沢山ソースを上げている為、記載しません。

手順は以下となります。

前提条件:

・PHP, MySQL, apacheのバージョンは既に動作保障のある組み合わせで選ぶ。

(1)PHP, MySQL環境構築

(1-1)PHP, MySQLをダウンロード(インストーラは使用しないタイプのもの)

(1-2)C:\php~\にPHPを解凍

(1-3)php.iniファイルを編集

(1-4)C:\MySQL~\にMySQLを解凍

(1-5)my.iniファイルを編集

(1-6)windowsの環境変数に追加(実行ファイルのあるフォルダにパスを通す)

(2)apache環境構築

(2-1)apacheをダウンロード

(2-2)インストール (※2)

(2-3)httpd.conf編集

(3)libmysql.dllをC:\WINDOWS直下にコピー

以上(1)~(3)になります。

サーバー上のPHPのページからMySQLに接続できない場合は(3)ではまっている人が多いかもしれません。

----------------------------------------------------

※1
・php.iniは「php, php.ini MySQL」と検索すれば山ほど出てくると思います。
ポイントはMySQL実行用のextensionがデフォルトではコメントアウトされているのでそれを外すこと。
・my.iniは「MySQL, my.ini 文字化け」と検索すれば山ほど出てくると思います。
ポイントは、文字コードの設定関係です。DBを作成する前にここで初期設定を記述しておかないと文字化けに泣く可能性があります。
・httpd.confは「apache httpd.conf php」と検索すれば山ほど出てくると思います。
ポイントは「サーバーに対するアクセスに対しPHPでの実行を関連付ける」ということです。
※2
vistaでは権限の問題でサービスへの登録が失敗する場合があるようです。その際はサービスに手動登録してください。

Tags:

develop | PHP

IIS7.0(windows)でperlのCGIを動作させる際の注意

2010/04/22 18:32

IIS7.0でPerlのウェブアプリを開発しようと環境構築している方々は多いと思います。

perl.exeを利用した場合(※1)、当然ながらパスの問題が発生します。 

つまり、

「 require './lib/hoge.pl' 」
「 open(hoge,'./contents/hoge.csv'); 」

等と書くと自分ではそのパスにファイルが存在しているつもりでもエラーになります。そこで、

「 require ".\\lib\\hoge.pl" 」
「 open(hoge,".\\contents\\hoge.csv"); 」

ならばよいか?というとそうでもありません。

カレントディレクトリがperl.exeの場所になっているからです。
そこで、実行ファイル(リクエストしたファイル)のパスを求めます。

とても簡単です。特殊変数 $0 に入っているからです。
$0の中身を覗いてみると、例えば、http://localhost/hoge/fuga.cgiのwindows上の物理パス、
「c:\inetpub\wwwroot\hoge\fuga.cgi」という値を見ることができるでしょう。
(仮想ディレクトリ割り振っていたら上記の限りではありませんが)

この値を利用してカレントディレクトリを変更して下さい。

-----------------------------------------------

※1 ISAPI等、webサーバー向けのモジュールもある。

WordPress(PHP)でアップロード時に挿入される画像のパスを相対パスにする方法

2010/04/22 18:14

WordPressのバージョンは 2.9.2 になります。

アップロードされた画像が絶対パスでマークアップされていると、ドメインが変わった場合にインパクトを受けます。

既に絶対パスになっている箇所はSQLでアップデートするしかありませんが、当対応することで、今後はアップロード時に挿入されるimgのsrc属性を相対パスに変更する作業を意識せずに運用できます。

手順はソースの変更等ではなくUIで簡単にできます。以下(1)~(3)となります。

(1)WordPressにログインし、「設定」>>「その他の設定」 を選びます。

 

(2)「ファイルへの完全なURLパス」に相対パスを記述します。

 

(3)投稿記事に対し画像ファイルをアップロードして、挿入すると、以下の通り相対パスでマークアップされています。

 

以上です。運用前、開発前に設定しておくことを推奨します。

SQLでの一手間がなくなります。

コマンドラインから起動し、画像にテキストを挿入するツール(windows)

2010/04/20 04:29

windowsのコマンドラインから起動し、指定画像に対して指定箇所(TOPとBOTTOM)に任意のテキストを挿入するツールを開発致しました。

【もとの画像】

【TOP指定】文字列:サンプルです

【BOTTOM指定】文字列:サンプルです

となります。

使い方はitfimg.exeに対して、

第一引数: 画像のパス

第二引数: "t"(TOP) or "b"(BOTTOM)

第三引数: 文字列

を指定して下さい。具体的なサンプルは以下です↓

実行結果は上記【TOP指定】のものになります。

「このツールは一体どんな時に使うのか?」という疑問があると思います。このツールを開発したのは、テストのエビデンスを簡略化する為です。

開発現場において、テストのエビデンス作成ほど、骨が折れる作業はありません。

特に、何のテスト結果なのか等、1ケースずつハードコピー+文言が必要となる場合はそれだけでとてつもない時間がかかってしまいます。

そんな時に、あらかじめCSVや一行ずつのテキストファイルに文言を記述しておき、VBS等のスクリプトのループ内で当ツールを呼び出し、連続して画像に対応する文言を入れていく事ができます。

メリットはそれだけではありません。

画像にテストケースの文言も含まれる為、何のテストであったかが画像一枚で一目瞭然となります。

その他、応用する事で画像に日付を挿入する等にも使えます。

ダウンロードは以下より↓

http://atohi.com/tools/itfi_ver1.1.zip

※ 当ツールを利用するには.net framework2.0以上が必須となります。ソースコードはコメント頂ければ公開いたしますし、ソースを渡してご自身でコンパイル頂いても構いません。(C#)

atohi.comのデザインをマイナーチェンジ致しました。

2010/04/20 02:32

サイトのヘッダロゴを含めマイナーチェンジ致しました。

JavaScriptを多少最適化致しました。Internet Explorerでもある程度まともな性能が出る様になったと思います。

http://atohi.com

Tags:

information