EC-CUBEで構築されたサイトのサーバー移行作業手順

2010/06/14 16:58

オープンソースのECサイト構築フレームワークとして人気のEC-CUBE(php)を利用した、ECサイト開発、運用においてデータ移行、サーバー移行手順を以下に示します。
※ LAMP環境からLAMP環境への移行とします。

1. 移行元環境の/eccubeを一式ダウンロード
特に注意点はありません。

2. /eccube/data/install.phpを編集
パスやDB接続情報を新しい環境へ変更します。

3. /eccube/html/user_data以下のphpファイル修正
三行目がrequire_once("移行元環境のルートパス/eccube/html/require.php");等となっている為、全ファイルの「移行元環境のルートパス」を「移行先環境のルートパス」へ置換します。

4. 移行先サーバーへ/eccubeをアップロード
phpファイル、フォルダのパーミッションに気をつけて下さい。

5. 移行元サーバーからDB内容をエクスポート(※1)
phpMyAdmin等から行います。
手順としては、以下の順にするとIOの失敗が少ないです。
5-1・テーブルmtb_zip以外をまとめてSQLファイルでエクスポート
5-2・mtb_zipをSQLファイルでエクスポート

6. 移行先サーバーのDB作成
「2. /eccube/data/install.phpを編集」で設定した通りの名でDBを作成する。

7. 移行先サーバーへDB内容をインポート(※1)
phpMyAdmin等から行います。
手順としては、以下の順にするとIOの失敗が少ないです。
「6. 移行先サーバーのDB作成」で作成したDBに対し、
7-1・mtb_zip以外のSQLファイルをインポート
7-2・mtb_zipを3ファイル程度に分割する(SQLの知識必須)
ファイルが大きいと、こけて壊れる可能性ある為。編集時は文字コードに注意する。
7-3・mtb_zipをそれぞれインポート

以上です。
管理画面は/eccube/html/admin/から移行元環境と同じid,passwordで入れます。
別のやり方であれ、注意すべき点は
・「install.phpを編集」
・「user_data以下のphpファイルのrequire文修正」(※管理画面から再登録という手もあります)
・「DBのエクスポートとインポート(文字コード、テーブルの大きさ)」
でしょう。
方法は他にもいくつかあると思いますが、比較的楽な方法ではないでしょうか。

※1 文字コードは、大抵の場合utf-8で処理すれば問題はないはずです。移行元と移行先のphpMyAdminで確認して下さい。

SKYPEチャットログの場所と、外部アプリからの照会、削除、バックアップ方法に関して

2010/05/01 12:16

SKYPEチャットログの場所と、外部アプリからの照会、削除、バックアップ方法に関して以下に記述します。

申し訳ありませんがwindows vista限定です。

まず、SKYPEのチャットログは以下に格納されています。

C:\Users\"PCユーザ名"\AppData\Roaming\Skype\"SKYPEユーザ名"\main.db

main.dbファイルはsqlite3のデータベースなので、CSE等のSQLクライアントを使用してデータを取得することになります。つまり、SKYPEのチャットログを削除する際はSQLでdelete~を投げる、照会する際はselect~を投げるといった具合になるわけです。

※ 本ブログではCSEで取得する手順を説明いたします。

 

1.sqllite3のドライバーを入手

日本語文字コード対応版が望ましいので、以下のサイトからダウンロードして下さい。
※ 日本語文字コード未対応だとCSEからODBC経由時に文字化けします。

http://kzworks.at.webry.info/200908/article_41.html

サイトに書いてある手順でインストールまで行って下さい。

※ リンク先はURIが無くなる恐れがあります。その際はgoogleで「sqlite3 odbc 日本語」等と検索してみて下さい。

 

2.CSEを入手

http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/business/se180732.html

※ リンク先はURIが無くなる恐れがあります。その際はgoogleで「CSE ダウンロード」等と検索してみて下さい。

 

3.ODBC データソース アドミニストレイターでユーザーデータソースを登録

ODBCデータソースアドミニストレイターを起動、「ユーザーDSN>追加」を押下し以下の画面へ。

SQLite3 ODBC Driverがインストールされていることを確認。ダブルクリック。

Data Source Name: 任意(ここではskypeとしている)
Database Name: C:\Users\"PCユーザ名"\AppData\Roaming\Skype\"SKYPEユーザ名"\main.db

としてOK押下。ユーザーデータソースに追加されていることを確認。

 

4.CSEを起動

CSEを起動、「データベース>接続」を押下し、以下を指定。(データソースのDDLには、上記で指定したData Source Nameが存在しているはず)

OKを押下し、正常に接続されることを確認。チャットの内容はMessagesテーブルに入っているので、CSEからselect * from MessagesのSQL文を実行、body_xmlのカラムが目的のチャット内容、dialog_partnerが相手です。

以上です。

削除する際は delete * from Messages where dialog_partner = '削除したい人のskype名' を実行すればOKです。

Tags:

DB | IT | skills | テクニック